プロミス 即日融資は夜間何時まで?土日もOK!当日の審査・借入方法

PR

プロミス 即日融資は夜間何時まで?土日もOK!当日の審査・借入方法
プロミスの審査可能時間は比較的長く、「21時(夜9時)※平日及び土日祝日」となっており、即日融資も可能です。

審査可能時間ギリギリになるほど審査が混雑してくるので、プロミスで即日融資を希望するなら早めに申し込みをした方が良いのですが、

・プロミスの審査可能時間は?
・プロミスは夜、何時まで即日融資できるの?
・プロミスは土日も即日融資できるの?
・土日・夜間だと在籍確認はどうなるの?
・21時ギリギリにプロミスに申し込みをしたらどうなるの?
・21時を過ぎてからプロミスに申し込みをしたらどうなるの?

など、「プロミスの即日融資・土日・夜間の申し込み」について気になることもあると思います。

今回はプロミスに夜間の遅い時間に申し込んだときの審査と借入について解説していきます。


もくじ

プロミスで即日融資!土日でも申し込み当日に借りられる

プロミスで即日融資!土日でも申し込み当日に借りられる
今日中にお金が必要になった時に、プロミスなら当日に申し込んで当日中に借入(即日融資)が可能になっており、もちろん土日祝日でも急ぎでお金を借りられます。

ただ、即日融資には諸条件もありますので、ここではプロミスの即日融資について徹底解説していきます。

<プロミス最短3分融資・最短3分審査について>
申込み時間や審査により希望に添えない場合があります。

何時まで?プロミスで即日融資を受けるための審査実施時間

まず、即日融資を受けるために覚えておきたいのが「プロミスの審査可能な時間」です。

プロミスの審査可能時間は9時~21時なので即日融資を希望する方は21時までに審査を完了させる必要がある

▼プロミスの審査実施時間
9:00~21:00(平日・土日・祝日)

プロミスは土日でも21時まで審査をしてくれるのですが、じゃあ、21時ギリギリに申し込んでも大丈夫なのかというと、そうではありません。

プロミスの審査は「最短3分」(申込み時間や審査により希望に添えない場合あり)なので、どんなに遅くても30分前の20時30分までには申し込みを済ませておきたいところです。

ただし、20時30分までに申し込みをすれば即日融資のチャンスはあるのですが、プロミスの審査は基本的には申し込み順に行われるので、混雑していたらそれだけ遅くなってしまいます。

最悪の場合、審査対応が翌営業日になってしまうこともあります。

こういう事態を避けるために、ここでは「20時まで」にプロミスの申し込みを完了させておくことをおすすめします。

 

↑↑↑
30日間無利息・即日融資可能
24時間365申込可

 

プロミスから即日融資を受けるための申し込み方法

プロミスの申し込み方法は、

1.インターネット
2.WEB完結
2.スマホアプリからの申し込み「アプリローン」
3.自動契約機
4.プロミスコール(電話)
から選ぶことができます。

このうち、即日融資に最適な申し込み方法は、「インターネット」「WEB完結」「プロミスアプリローン」の3種類になります。

「プロミスコール(電話)」でも即日融資が可能なのですが、審査に必要な項目を電話で答えることにかなり時間がかかってしまうことがあるので、即日融資としてはあまりおすすめはできません。

同じく、「プロミスの自動契約機」でも即日融資は可能ですが、自動契約機に先客がいた場合、待たないといけないことになるので時間のロスが生じます。最短で即日融資を受けたい場合には、確実性に欠けるかもしれません。

プロミスのインターネット申し込みで即日融資

プロミスのインターネット申し込みから即日融資までの流れはこうなります。

▼インターネット申し込みの流れ
1.インターネットから申し込み手続きをします。
2.審査・在籍確認が行われます。
3.メールで審査結果の報告があります。
4.必要書類を持って自動契約機に行きます。
5.契約とローンカードの発行を行ったら即日融資ができるようになります。自動契約機に併設されているプロミスATMですぐに借り入れ可能です。
プロミスカード発行で即日融資を希望する方は「来店でご契約」を選ぶ

プロミスのインターネット申し込みの入力項目に「ご希望の契約方法」があり、「WEBでご契約」と「来店でご契約」の2つから選ぶことになります。

プロミスカードを発行して即日融資を希望する方は、は必ず「来店でご契約」を選んでください。

※カードレス契約してWEB完結することも可能。

「WEBでご契約」を選ぶと次にご紹介するWEB完結での契約になります。

プロミスのWEB完結でも即日融資が可能なのですが、ローンカードの取り扱いが変わってしまいます。

自動契約機に行けばローンカードも即日発行できる

インターネット申し込みで「来店でご契約」を選択してプロミスの自動契約機で契約をすれば、ローンカードもその場で発行することができるので、プロミスとの契約後すぐにATMからお金を借りることができます。

一方、WEB完結はプロミスの自動契約機に行かなくても契約が完了できるのですが、ローンカードの発行がありません。

ATMから現金を即日融資する方法が限られてしまい、さらに必ず手数料がかかってしまいます。

そのため、
・ローンカードも即日発行が必要な人
・自動契約機に行ける人
には、こちらの「インターネット申し込みをして自動契約機で契約・ローンカードの発行」が合っていることになります。

なお、自動契約機で契約をすれば契約書をその場で受け取ることができるので、プロミスから自宅に契約関連の郵便物が送られてくることはありません。

 

↑↑↑
30日間無利息・即日融資可能
24時間365申込可

 

プロミスのWEB完結で即日融資(カードなし)

プロミスのWEB完結で即日融資(カードなし)
プロミスのWEB完結はインターネットで申し込み・契約・借り入れ・返済ができる便利なサービスです。

プロミスのWEB完結の申し込みから即日融資までの流れは以下の通りです。

▼WEB完結申し込みの流れ
1.インターネットから申し込み手続きをします。
2.必要書類をインターネットで提出します。
3.審査
4.メールで審査結果の報告があります。
5.インターネットで契約します。その際にカード発行の選択で「カード発行なし」を選びます。
6.即日融資が可能となります。

プロミスのWEB完結は、インターネットで申し込み・契約・借り入れ・返済ができるサービスで、契約がインターネットで締結できてローンカードの発行がないので、郵便物が送られてくることはありません。

プロミスのWEB完結は通常のインターネット申し込みと同じフォームから申し込みができるのですが、注意点が3つあります。

1.「ご希望の契約方法」は「WEBでご契約」を選ぶ

「ご希望の契約方法」は、「WEBでご契約」と「来店でご契約」があるとご説明しましたが、プロミスのWEB完結を希望する場合は必ず「WEBでご契約」を選択してください。

「来店でご契約」を選択すると通常のインターネット申し込みになり、プロミスの自動契約機で契約・ローンカード発行を行うことになります。

2.契約時に「カード発行なし」を選ぶ

プロミスのWEB完結で即日融資を受けるためには、ローンカード発行選択で「カード発行なし」を選びましょう。

これでWEB完結での申し込みが完了するので、すぐに借り入れができるようになるんです。

実は、WEB完結でプロミスカードを発行しないで契約を締結しても、プロミスカードが必要な場合は後から発行することもできます。

プロミスカード発行のために自動契約機に行く時間すら惜しい!という場合は、このWEB完結がいちばん早く即日融資を受けられる方法になります。

 

↑↑↑
30日間無利息・即日融資可能
24時間365申込可

 

プロミスのアプリローンで即日融資

アプリローンは特別な商品というわけではなく、プロミスのスマホアプリから申し込みをすることをアプリローンと名付けている、ということになります。

アプリローンでの申し込みはWEB完結形式になるので、ローンカードの発行がなく、自動契約機に行く必要もありません。

▼アプリローン申し込みの流れ
1.スマホにプロミス公式アプリをインストールします。
2.アプリ内の「アプリローン」から申し込み手続きをします。
※この時に運転免許証などをカメラ機能で読み込むと、氏名・生年月日・住所が自動入力できて時短になります。
3.必要書類の提出。(アプリ内で提出できます)
4.審査結果のお知らせ(メール・電話)
5.即日融資が可能となります。

プロミス 即日融資の借入方法は2種類

プロミスの審査に通ったらあとはお金を借りるだけなのですが、どういった方法で借りることができるのでしょうか?

プロミスの即日融資の借り方は、申し込みをした方法によって異なります。

プロミスの借り入れ方法は、
・ATM
・振込キャッシング

の2種類があります。

▼インターネット申し込みでローンカードを発行した場合は、プロミスATMと提携ATMのすべてのATMを利用することができ、振込キャッシングも利用できます。

▼プロミスカード発行なしのWEB完結とアプリローンでの申し込みの場合は、利用できるATMが限られてしまいセブン銀行ATMとローソンATMでの借り入れ(スマホATM取引)になります。もちろん振込キャッシングで即日融資することも可能です。

プロミスで土日に即日融資を受けることはできる?

土日にプロミスから即日融資を受けるための考え方も、これまでにご紹介した流れとほぼ変わりません。

ただ、意識しておきたいのが土日は申込者が多いことと、お使いの金融機関によってはWEB完結・アプリローンでの申し込みがやりにくいことがあります。

土日にプロミスから即日融資を受けるための確実性の高い方法は以下の通りです。

1.インターネットから申し込み手続きをします。
2.審査が行われます。
3.プロミスからメールで審査結果の報告があります。
4.必要書類を持ってプロミスの自動契約機に行きます。
5.契約とローンカードの発行を行います。自動契約機に併設されているプロミスATMで現金を借りられます。またはコンビニATMなどの提携ATMからも借りられます。

土日に即日融資を受けるための注意点は?

繰り返しますが、土日はインターネット申し込みをして、自動契約機でローンカードを発行する方法をおすすめします。

WEB完結・アプリローンでも土日の即日融資は可能なのですが、万が一、お使いの銀行がWEB完結に対応していなかった場合や、本人確認が済んでいなかった際などに銀行に問い合わせをしても、土日は休業日ということで回答してもらえないことがあるんです。

金融機関を介する借り入れは不完全な要素が多いので、土日の即日融資はプロミスのカードを使ってATMから借り入れをした方が安全なのです。

 

↑↑↑
30日間無利息・即日融資可能
24時間365申込可

 

プロミスから確実に即日融資を受けるためのポイントと注意点

プロミスは即日融資に対応している消費者金融ですが、さらに即日融資でお金を借りられる可能性をアップするためのポイントや注意点をご紹介します。

インターネット申し込みの後にプロミスコールに電話をする

融資までにあまり時間がないときには、プロミスコールに電話をすることも有効です。

インターネットで申し込みをした後にプロミスコールに電話をかけて、急いでお金が必要なので即日融資を希望していることを伝えましょう。

プロミスの審査は基本的に申し込み順になるのですが、優先的に審査を行ってくれることがあります。

事前準備をしてプロミスに申し込む

インターネット申し込みもWEB完結も、申し込み手続きはパソコン・スマホからの入力になりますので、事前準備をしておくと入力がスムーズに進みます。

特にプロミスに提出する必要書類は確実に揃えておきましょう。

せっかく最短でプロミスの審査に通過しても、提出が必要な書類に不備があって再提出ということになったら、そこからさらに時間がかかることになります。

必要書類は事前に揃えておいて、スムーズにプロミスに提出できるようにしておかなければいけません。

プロミス審査の必須となる書類は「本人確認書類」です。

本人確認書類では氏名・現住所・生年月日が確認されます。プロミスの場合どの申し込み方法でも現住所が記載されている有効期限内の運転免許証があれば問題なしです。

運転免許証がない場合は、パスポート、マイナンバーカードなどの顔写真付きの身分証明書を用意しておきましょう。

プロミスの場合、健康保険証など顔写真がない身分証明書しかない方は、住民票の写しが必要となりますので事前に用意しておいてください。

また、運転免許証やマイナンバーカードに現住所が記載されていない場合は、公共料金の領収書、住民票の写しなどの添付書類が必要になります。

運転免許証・パスポート・マイナンバーカードのいずれもお持ちでない方は、プロミスに申し込みをする前に必要書類をしっかり確認して揃えておくようにしましょう。

※個人番号(マイナンバー)が記載されている本人確認書類または収入証明書類などを提出いただく際は、個人番号(マイナンバー)が記載されている箇所を見えないように加工して提出してください。

また、以下のどちらかに該当する場合は、「収入証明書」もプロミスに提出が必要です。

希望の借入額が50万円を超える場合
希望の借入額と他社での利用残高の合計が100万円を超える場合

いずれかに該当する場合は、直近2ヶ月分の給与明細、源泉徴収票や確定申告書など年収がわかる書類を用意しておきましょう。

 

↑↑↑
30日間無利息・即日融資可能
24時間365申込可

 

夜間にプロミスに申し込む場合はどの方法がおすすめ?

夜間にプロミスに申し込む場合はどの方法がおすすめ?
プロミスの審査申し込み方法は以下になります。

・インターネット(WEB完結、アプリローンを含む)
・電話「プロミスコール」
・自動契約機

夜の申し込みに適しているのは、やはり24時間いつでも手続きが可能な「インターネット申し込み」になります。

プロミスコール(0120-24-0365)でも良いのですが、電話の場合は審査に必要な項目を口頭で伝えることになるので申し込みに時間がかかることもあります。

どうしても「スマホやパソコンで文字を入力するのが苦手・・・」ということでなければ、インターネット(とくにWEB完結)から申し込み手続きを行うことをおすすめします。

プロミス 夜間の審査可能時間は「21:00」まで!夜間に即日借入したい方はWEB完結がおすすめ

プロミスから夜間に即日借入したい方はWEB完結がおすすめ
プロミスのプロミスコール(電話)と自動契約機での新規申し込み受付時間は「9:00~21:00」です。

インターネットやアプリからならプロミスに24時間365日申し込めますが、審査可能時間は「朝9時~夜21時」になります。

夜に申し込んで、夜のうちにプロミスから借り入れを希望する方は夜9時までに審査・契約を完了しなくてはなりません。

おすすめの夜の申込方法はプロミスのWEB完結で、審査・融資スピードは最短3分です。

プロミスの公式サイトから、スマホがあれば簡単にWEB完結で審査に申し込むことができます(※最短3分で審査完了・即日融資可能です)

 

↑↑↑
30日間無利息・即日融資可能
24時間365申込可

 


※お申込の状況によってはご希望にそえない場合がございます。

夜(21時前)にプロミスに申し込みを行なった後の流れ

夜(21時前・審査可能時間内)にプロミスに申し込みを行なった後の流れ
「夜21時前」にプロミスに申し込みをした場合は、その日のうちに審査をしてもらうことも可能です。

ただし、21時(夜9時)ギリギリに、プロミスへの申し込みが間に合えば良いということではありません。

特にプロミスから即日融資を受けたいのであれば、営業時間内に契約手続きまで済ませなければいけないので、余裕をもって「20時まで」に申し込みを完了させておくようにしましょう。

※プロミスの審査時間は最短3分なので20時を過ぎても当日に審査が完了する可能性は十分あります。
※申込み時間や審査により希望に添えない場合があり

▼夜(21時前)に申し込みをしたときの流れ

1.インターネットから申し込みをする
※夜間のうちにプロミスからお金を借りたい場合は、余裕をもって20時までに申し込みを完了させましょう。

2.プロミスの審査が行われます。

3.プロミスから審査結果のお知らせがあります。

4.プロミスの自動契約機で契約をする場合は、必要書類を持って21時までに自動契約機に行きます。WEB完結で契約をする場合は、スマホアプリまたはインターネットで必要書類を提出して契約手続きを行います。

5.自動契約機で契約を行なって、ローンカードを発行したら手続き完了です。自動契約機に併設されているプロミスATMからすぐにお金を借りることができます。(プロミスATMは24時まで営業しています)

WEB完結またはアプリローンで申し込みした場合はローンカードの発行がありませんので、インターネットで契約をしたらすぐに振込キャッシングでお金を借りることができます。

夜(21時前)に申し込みをしたら在籍確認はどうなるの?

夜(21時前)に申し込みをしたら在籍確認はどうなるの?

夜に申し込みをして審査に進んだ場合は「職場への電話連絡」も夜に行われることになります。

※プロミスは原則「職場への電話連絡なし」となっております。したがって夜間にプロミスの審査に申し込んでも職場への電話連絡は原則行わないので、その分、審査のスピードが速くなります。

しかし、プロミスの審査で在籍確認が必要と判断されたら、申込者本人に了承を得てから職場への電話連絡が行われます。

その場合・・・

夜でも自分が電話に出られたり、勤務先の誰かが電話に出ることができたら在籍確認に通過することができます。

しかし、

・夜遅過ぎて誰も電話に出なかった
・電話に出た人があなたのことを知らずに「そのような者はおりません」と回答してしまった

など、在籍確認が取れなかった場合は、翌営業日に再度職場への電話連絡が行われることになるので、夜のうちにプロミスから借り入れすることはできません。

※夜に電話による在籍確認ができない場合は、書類による在籍確認に変更してもらえる場合もあります。

 

↑↑↑
30日間無利息・即日融資可能
24時間365申込可

 

プロミスから夜のうちに借入する(即日融資)方法は?

プロミスから夜のうちに借入する(即日融資)方法
審査結果はプロミスから電話またはメールでお知らせがあります(申し込みをする際に希望の方法を選ぶことができる)。

夜間にプロミスと契約できる方法は、カードが必要な場合「自動契約機」になりますが、カードが必要ない方は「WEB完結」「アプリローン」で申し込みをしておけば、自動契約機に行かなくてもインターネット上で契約を締結させることができます。

自動契約機で契約して夜のうちに借り入れする

▼自動契約機の営業時間
09:00~21:00
※店舗によって異なることがあります

プロミスの自動契約機で契約をするメリットは2つあります。

ひとつは契約書をその場で発行するので、自宅にプロミスからの郵便物が送られてこないことです。

消費者金融からの郵便物はお金を借りていることが家族バレ、親バレしてしまうとても大きな原因になるので、郵便物がないことはメリットになります。

もうひとつは、プロミスのローンカードも自動契約機で発行できることです。

プロミスの自動契約機には手数料無料で利用できるプロミスATMが併設されていて、24時まで営業しているので、契約を済ませたら夜間でもその場で現金を引き出すことができるんです。

夜にプロミスの自動契約機に行くのはちょっと面倒・・・と思うかもしれませんが、最もスムーズに夜間の借り入れが行えます。

なお、プロミスATMだけではなく三井住友銀行ATMも手数料無料で利用できますので、ぜひ覚えておいてください。

WEB完結・アプリローンで夜のうちに借り入れする

プロミスのWEB完結・アプリローンで夜のうちに借り入れする
プロミスの「WEB完結」はインターネットだけで申し込み・審査・契約・借り入れ・返済の全ての手続きができる方法で、郵便物も送られてきません。

⇒プロミス WEB完結はカード・郵便物なし!申込の流れ・注意点

「アプリローン」はプロミスのスマホアプリから申し込みをすること。アプリローンという商品があるわけではなく、申し込み方法のひとつになります。

アプリローンもスマホだけでプロミスへの申し込み・契約手続きが完了するので、郵便物もありません。

プロミスの「WEB完結」も「アプリローン」も、契約書とローンカードの発行がないので、契約手続きが完了したら、夜遅い時間でもすぐに借り入れができるようになります。

プロミスの「WEB完結」「アプリローン」の借り入れ方法は、「振込キャッシング(10秒振込)」または「セブン銀行ATM・ローソン銀行ATM」です。

振込キャッシング(10秒振込)なら最短10秒で借り入れ可能!

振込キャッシング(10秒振込)は、お使いの金融機関にプロミスからお金を振り込んでもらう借り入れ方法です。

口座の登録はプロミス会員ページから24時間いつでもできますし、10秒振込対応の口座であれば手数料無料で夜遅い時間でも最短10秒で振り込んでもらえます。

プロミスの10秒振込対応の金融機関は、三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行、ジャパンネット銀行をはじめとした約200の金融機関になります。

対応金融機関は、こちらの金融機関別振込実施時間検索 から確認できます。

プロミスの「10秒振込」はとても便利なのですが夜の即日融資の場合、

・お使いの金融機関が10秒振込に対応していないことがある
・手続きに不明点があっても営業時間外であれば問い合わせができない
・システムメンテナンス時間は振込不可となる

などのデメリットもあることを覚えておきましょう。

セブン銀行ATM・ローソン銀行ATMで夜間に借り入れ

コンビニATMなら24時間営業なので夜間でもプロミスカードを使って現金を引き出すことができます。

プロミスのWEB完結・アプリローンの場合は、ローンカードが発行されないのですが、スマホがあればセブン銀行ATM・ローソン銀行ATMを使うことができます。

この2つのATMはスマホアプリと連携してATMからプロミスの借り入れ・返済ができる「スマホATM」に対応しています。

スマホATMの利用手順はこちらになります。

▼スマホATM利用手順
手順1:プロミスアプリにログインします。
手順2:「スマホATM取引」をタップします。
手順3:ATMで「スマートフォンでの取引」をタップします。
手順4:ATM画面にQRコードが表示されます。
手順5:スマホ画面で「出金」をタップします。
手順6:手順4で表示されたQRコードをスマホで読み取ります。
手順7:スマホに「企業番号」「ワンタイム暗証番号」が表示されます。
手順8:ATMに手順7で表示された企業番号を入力します。
手順9:ATMに手順7で表示されたワンタイム暗証番号を入力します。
手順10:ATMに借りたい金額を入力します。この後はATMの案内に従って操作を行います。

プロミスの「スマホATM取引」はローンカードがなくてもコンビニATMから借り入れ・返済ができるので便利なのですが、1万円以下の借り入れ・返済は110円、1万円超の場合は220円の手数料がかかってしまいます。

どうしても夜遅くに借り入れしたい場合の緊急対応と思っておくようにしましょう。

また、スマホATM取引でプロミスATMを利用することはできません。セブン銀行ATMとローソン銀行ATMのみ対応しています。

振込キャッシングよりもATMから現金を借りる機会の方が多い方は、プロミスのローンカードを発行しておいたほうがお得かもしれませんね。

 

↑↑↑
30日間無利息・即日融資可能
24時間365申込可

 

夜(21時過ぎ・審査時間外)にプロミスに申し込みを行なった後の流れ

夜(21時過ぎ・審査時間外)にプロミスに申し込みを行なった後の流れ
21時すぎ(プロミスの審査時間外)、または21時になる直前に申し込みを行なって審査受付が終了している場合は、翌営業日の審査になってしまいます。

▼夜(21時過ぎ・審査時間外)に申し込みをしたときの流れ
1.インターネットから申し込みをする(21時過ぎ)

2.翌営業日の9時以降に審査が行われる

3.審査結果のお知らせがあります。

4.自動契約機で契約をする場合は、必要書類を持って自動契約機にいきます。
WEB完結で契約をする場合は、スマホアプリまたはインターネットで必要書類を提出して契約手続きを行います。

5.自動契約機で契約を行なって、ローンカードを発行したら手続き完了です。自動契約機に併設されているプロミスATMからすぐにお金を借りることができます。WEB完結(またはアプリローン)の場合はローンカードの発行がありませんので、インターネットで契約をしたらすぐに振込キャッシング又はスマホATM取引でお金を借りることができます。

プロミスは24時間申し込みが可能なのですが、審査が行われる時間帯は朝9:00~夜21:00に限られます。

そのため、21時(プロミスの審査可能時間)に間に合わなかった場合は、翌営業日の朝から順番に審査に入ることになります。

審査の混雑具合にもよりますが、プロミスの審査結果が出るのは、「早くて翌営業日の午前中」と思っておきましょう。

夜(21時過ぎ)に申し込んだら職場への電話連絡はいつ行われるの?

※プロミスは原則「職場への電話連絡なし」となっております。

ただし、プロミスの審査で職場への電話連絡が必要と判断された場合は、申込者本人の了承を得てから勤め先に電話をします。

夜21時過ぎ(審査時間外)にプロミスに申し込みをした場合、職場への電話連絡も翌営業日に行われることになります。

プロミスの審査は、申し込みを受け付けた順番に行われるので、在籍確認の電話も「翌営業日の9時以降~午前中」にかかってくると思っておきましょう。

9時に出社したら、すぐにプロミスから在籍確認の電話が入る可能性があるということになりますね。

また、プロミスから申し込み内容について携帯電話宛に確認の電話が入ることがあるのですが、こういったプロミスからの電話も基本的には「翌営業日の9時以降~午前中」にかかってくることになります。

夜(21時過ぎ)に申し込みをしたら即日融資はできない?

夜21時過ぎ(プロミスの審査時間外)にプロミスに申し込みをした場合は審査をすることができないので、即日融資(夜のうちの借り入れ)はできません。

プロミスから借り入れできるのは、どんなに早くても翌営業日の午前中になります。

 

↑↑↑
30日間無利息・即日融資可能
24時間365申込可

 

【プロミス】夜間にオススメの申し込み方法・借り入れ方法は?

夜間に申し込みをして、その日のうちにプロミスから融資を受けたいなら、「インターネット申し込みをして、審査に通ったら自動契約機で契約・ローンカード発行」がオススメです。

夜間に自動契約機に行くという手間がかかりますが、このひと手間で郵便物を避けることもできますし、隣接するプロミスATMからすぐにキャッシングすることも可能となります。

プロミスのWEB完結は、自動契約機に行く必要もなく、郵便物もなく、契約を済ませたらすぐに借り入れできるというとても大きなメリットがあります。

スマホひとつでスマートに借り入れ・返済ができるのですが、「借りたお金は現金として使いたい」という人は、プロミスのローンカードがあったほうが何かと便利だと思います。

プロミスの「スマホATM取引(カードなしで利用できる)」で利用できるATMはセブン銀行とローソン銀行のみなので、融資・返済ともにATM手数料がかかってしまうんです。

プロミスのローンカードは後から発行することもできるので、とりあえずWEB完結・アプリローンで申し込みをして、ローンカードが必要になったら後からプロミスの自動契約機で発行しても良いと思います。

夜間に借りる必要がない方は翌朝にゆっくりプロミスと契約できる

プロミスから夜間に申し込んでその日のうちに借りる必要がない方は、夜間のうちにゆっくり申し込みをしておいて、翌日午前中に審査に通ったら自分の自由なタイミングで自動契約機に行くという方法もあります。

慌てる必要がないから、余裕をもってプロミスから借り入れができます。

ちなみにプロミスの30日間無利息サービスは、「初回融資の翌日から30日間」になるので、契約をしただけで勝手に無利息期間がスタートしてしまうことはありません。

夜にプロミスに申し込みをする時の注意点

夜に申し込みをして翌日の審査でOKなら、申し込み手続きを行なって審査結果を待っていれば大丈夫ですが、夜間のうてにプロミス審査をクリアしたい場合は、とにかく時間との勝負になります。

プロミスへの申し込み手続きは余裕をもって20時までに済ませておこう

プロミスの審査が可能な時間は、平日・土日祝日共に9時~21時です。

この時間までにプロミスの審査を済ませなければいけませんし、自動契約機の営業時間も21時までになるので、余裕をもって20時までには申し込み手続きを済ませておくことをおすすめします(プロミスは最短3分で審査完了します※申込み時間や審査により希望に添えない場合あり)。

WEB完結・アプリローン以外でプロミスに申し込む場合は、事前に自分が行きやすいプロミスの自動契約機の場所を調べておくこともお忘れなく!

プロミスに提出する必要書類は確実に揃えておくこと

プロミスの必要書類はこちらです。

・本人確認書類
・収入証明書

本人確認書類

本人確認書類は運転免許証だけでOKです。
運転免許証の発行を受けていない場合は、パスポートなどの顔写真付きの本人確認書類を用意してください。

いずれもお持ちでない場合は、
・健康保険証 + 住民票
・健康保険証 + 公共料金の領収書
などでも審査可能となっています。
本人確認書類は必須書類ですので、確実に間違いのないものを用意しておいてください。

収入証明書

収入証明書は、「借入希望額が50万円を超えるとき」と「他社借入額とプロミス希望額の合計が100万円を超えるとき」に必要となります。

▼収入証明書
・源泉徴収票(最新のもの)
・確定申告書(最新のもの)
・税額通知書(最新のもの)
・所得(課税)証明書(最新のもの。「収入額」と「所得額」の記載があるもの)
・給与明細書(直近2ヶ月分)+賞与明細書(直近1年分)
※賞与明細書がない場合は、直近2ヶ月分の給与明細書だけで大丈夫です

夜間に申し込んで、夜間のうちにプロミスから借りたい場合は、時間との勝負なので、収入証明書の用意が難しい場合は、限度額は少なめに設定しておくと良いでしょう。

夜間にプロミスの審査を受けて、夜のうちに借入を行うことは可能!(まとめ)

夜間にプロミスの審査に申し込んで、夜のうちに借り入れする際のポイントを最後にまとめます。

・プロミスの審査が可能な時間は平日・土日祝日も「9時~21時」
・申し込みは24時間可能ですが、審査は夜21時までしか行ってもらえない。
・申し込み方法はインターネットがおすすめ。
・契約方法は自動契約機がおすすめ。
※ローンカード不要なら、WEB完結・アプリローンでもOK!
・夜のうちに借りたいなら、余裕をもって夜20時までに審査申し込みを済ませておくこと(プロミスは最短3分審査※)。
・時間との勝負なので必要書類はあらかじめ揃えておくこと。
・夜に借りる方法は、「ATM」と「振込キャッシング(10秒振込)」がある。
・プロミスATMの営業時間は24時まで、セブン銀行ATM、ローソン銀行ATMなど、原則24時間利用できるATMもある。
・審査が翌日に持ち越しとなった場合は、原則として翌営業日の午前中に審査結果が出る。

夜の申し込みでも、余裕をもって20時までに手続きを済ませておけば、あとはプロミスからの連絡を待つだけです。

夜間に申し込んで夜のうちにプロミスから借り入れするのは時間との勝負なので、なるべく早めに申し込むようにしてください。

 

↑↑↑
30日間無利息・即日融資可能
24時間365申込可

 

<最短3分審査・最短3分融資について>
※申込み時間や審査により希望に添えない場合があります。(状況によって翌日以降になる場合あり)


     

PAGETOP