アイフルの金利は高い?利息を減らす方法と無利息サービス注意点

PR

アイフルの金利は高い?利息を減らす方法と無利息サービス注意点
アイフルの金利(実質年率)は「3.0%~18.0%」ですが、でもこの金利が高いのか低いのか、よくわからないのですよね?

また、アイフルの
「金利3.0%~18.0%ってお得なの?」
「無利息期間サービスは何かの罠?」
「利息を減らす方法はないの?」
など、疑問点もたくさんあると思います。

ここでは、アイフルの金利はいくらに決まるのか?高いのか?低いのか?他社との比較や、無利息サービスの特徴や注意点、支払う利息を減らす方法などを解説します。


もくじ

アイフルの金利はいくら?

アイフルの金利はいくら?

<アイフルキャッシングローン>

金利(実質年率) 3.0%~18.0%
無利息サービス 契約の翌日から30日間
限度額 最高800万円※
申込条件 ・満20歳~69歳までの方
・定期的な収入と返済能力を有する方
審査のスピード 最短18分融資※
即日融資はできる? 可能※
WEB完結申し込み 可能
返済方式 借入後残高スライド元利定額リボルビング返済方式
返済回数・期間 借入直後最長14年6ヶ月(1~151回)
遅延損害金 20.0%
担保・保証人 不要
その他詳細 ⇒貸付条件はこちら

※利用限度額50万円超、または他社を含めた借入金額が100万円超の場合は源泉徴収票など収入を証明するものが必要。

<アイフル取扱ローン別の金利>

ローン名 金利(実質年率)
キャッシングローン 3.0~18.0%
ファーストプレミアムカードローン 3.0~9.5%
SuLaLi(レディースローン) 18.0%
おまとめMAX 3.0~17.5%
かりかえMAX 3.0~17.5%
アイフル事業サポートプラン(無担保ローン) 3.0~18.0%
アイフル事業サポートプラン(不動産担保ローン) 3.0~12.0%

 
ファーストプレミアムローンと、アイフル事業サポートプラン(不動産担保ローン)の金利が、キャッシングローンより低金利になっていますが、それぞれ審査のハードルが高いので、現実的に「キャッシングローン」に申し込む方がほとんどです。

アイフルの主力のカードローン「キャッシングローン」の金利(実質年率)は3.0%~18.0%となっています。

金利はなるべく低い方が支払う利息を抑えることができるのですが、アイフル金利(実質年率)は他の大手消費者金融や銀行カードローンと比較するとどうなのでしょうか?

⇒アイフルの借り方や審査時間・即日融資の申込流れ

 

↑↑↑
30日間無利息・即日融資可能
24時間365申込可

 

アイフルの金利は高い?大手消費者金融の金利を比較

アイフルの金利は高い?大手消費者金融の金利を比較

▼アイフルと大手消費者金融の金利

消費者金融(カードローン) 金利(実質年率)
アイフル 3.0%~18.0%
アコム 3.0%~18.0%
プロミス 4.5%~17.8%
SMBCモビット 3.0%~18.0%
レイク 4.5%~18.0%

 

アイフルの3.0%~18.0%という金利は、アコム、SMBCモビットと同じで、決して高いわけではありません。

上限金利は、プロミスだけが17.8%と低いですが、ほぼ横並びで変わらないですね。

こちらは利息の計算式です。

▼利息の計算式
利息 = 借入金額 × 金利(年利) × 利用日数 ÷ 365日

金利18.0%で10万円を30日間借りた場合の利息は1,479円です。プロミスの金利17.8%で借りた場合の利息は1,463円です。差は16円ですね。

確かにアイフルよりプロミスの方が低金利ですが、この程度の金利差ならあまり気にせずに、ご自分にとって借りやすく返しやすいカードローンであるかどうかなど他のメリットに目を向けても良いかと思います。

ちなみに、下限金利はアイフル、アコム、SMBCモビットが3.0%で、プロミスとレイクが4.5%と1.5%高くなっています。

ただ、消費者金融から初めてお金を借りるときに下限金利が適用されることはまずありません

ほとんどのケースで高い方の上限金利(アイフルなら18.0%)が適用されますので、下限金利は気にする必要はありません

 

↑↑↑
30日間無利息・即日融資可能
24時間365申込可

 

アイフルと銀行カードローンの金利を比較

アイフルと銀行カードローンの金利を比較

銀行カードローン 金利(実質年率)
三菱UFJ銀行カードローン バンクイック 年1.8%~年14.6%
三井住友銀行カードローン 年1.5%~年14.5%
みずほ銀行カードローン 年2.0%~年14.0%
りそな銀行カードローン「りそなプレミアム カードローン」 年1.99%~年13.5%
千葉銀行カードローン「ちばぎんカードローンクイックパワーアドバンス」 年1.4%~年14.8%
横浜銀行カードローン 年1.5%~年14.6%
東京スター銀行カードローン「スターカードローンα」 年1.5%~年14.6%

 

銀行カードローンと比較すると、アイフルは金利が高いですね。

銀行カードローンは金利が低いことがいちばんのメリットなので、消費者金融の方が金利設定は高くなっています。

ただ、銀行カードローンは消費者金融よりも審査難易度が高いので、審査に通りやすいのは銀行カードローンよりもアイフルですし、銀行カードローンは即日融資ができないというデメリットもあります。

ご自分にとって、使いやすいカードローンを選ぶと良いでしょう。

アイフルなど消費者金融の金利はどうやって決まるの?

アイフルなど消費者金融で実際に借りるときの金利は、消費者金融が自由に設定しているわけではなく、「利息制限法」という法律によって上限金利が決められています。

▼利息制限法による上限金利

融資限度額 上限金利(実質年率)
10万円未満 20.0%
10万~100万円未満 18.0%
100万円以上 15.0%

 

融資限度額が高くなるほど金利は下がる仕組みになっています。

しかし初めてカードローンを利用する場合は100万円を超える限度額が設定されることはまずありません。

審査で信用情報や年収などは確認しますが、貸したお金をきちんと返済してくれる人かどうかまではわからないので、返済可能と思われる最低限の金額しか融資できないのです。

初回の限度額は数十万円になることが多いので、金利は上限金利の18.0%かそれに近い金額になり、15.0%で借りられることはまずないでしょう。

 

↑↑↑
30日間無利息・即日融資可能
24時間365申込可

 

アイフルの返済額はいくら?利息はいくらになる?

アイフルの返済額はいくら?利息はいくらになる?
アイフルの返済方式は「約定日制」と「サイクル制」から選ぶことが可能で、毎月の返済額はこの返済方式と最終借入直後の残高によって決まっています。

毎月決まった日に返済する「約定日制」

約定日制は契約時に毎月の返済日を決めて、その日を期日として返済する方法です。

返済日は利用者さんが都合の良い日を選ぶことができます。

例えばお給料日が毎月25日だとします。カードローン返済はお給料日の2~3日後がいちばん余裕を持って返せるタイミングになりますので、この場合は返済日を27日くらいにしておくのがベストです。

アイフル約定日返済では、この返済期日を含む11日間が返済期間となります。

返済期日を毎月27日に設定した場合、17日~27日が返済期間になり、この間に返済すれば当月の約定返済は完了です。

返済期間よりも前に入金した場合は当月の返済にはならず、前月分の繰り上げ返済扱いになってしまいます。改めて返済期間内に入金をする必要がありますのでご注意下さい。

また、返済方法を口座振替にした場合は、返済期日に最低返済額が引き落とされることになります。

35日ごとに返済期日を迎える「サイクル制」

「サイクル制」は、大手消費者金融ではアイフルとアコムだけが導入している返済方法です。

サイクル制の返済期日は、前回の返済日の翌日から35日後になります。(初回借入時は借入れの翌日から35日後です)

毎月決まった日に返済をするのではなく、常に返済したの翌日から35日後が返済期日となります。

例えば4月7日に返済をした場合、返済をした日の翌日から数えて35日後の5月12日が次回の返済日になります。

アイフルのサイクル制
返済期日が毎月変わるので延滞には気を付けないといけませんが、サイクル制には返済期間が設けられていないので、35日間のいつでも返済できるというメリットもあります。

アイフルの返済額

▼アイフルの毎月の返済額

最終借入直後の残高 最低返済金額
約定日制 サイクル制
1円~100,000円 4,000円 5,000円
100,001円~200,000円 8,000円 9,000円
200,001円~300,000円 11,000円 13,000円
300,001円~400,000円 11,000円 13,000円
400,001円~500,000円 13,000円 15,000円
500,001円~600,000円 16,000円 18,000円
600,001円~700,000円 18,000円 21,000円
700,001円~800,000円 21,000円 24,000円
800,001円~900,000円 23,000円 27,000円
900,001円~1,000,000円 26,000円 30,000円
以降、借入額が10万円増えるたびに、返済額は1,000円ずつ加算されます。

 
カードローンの利息は日割りで増えていきます。約定日制は1か月ごとの返済ですが、サイクル制は35日ごと返済になるので、最低返済額は約定日制の方が低くなっています。

アイフルは繰り上げ返済も可能なので、無理なく返済を進めたい場合は約定日制を選んで、お財布に余裕があるときだけ繰り上げ返済を行うと良いでしょう。

逆に、返済期間を気にせずにどんどん返済して早期完済したいなら、サイクル制を選ぶと返済を進めやすくなります。

アイフルの上限金利18.0%で支払う利息をシミュレーションしてみた

アイフルの上限金利18.0%で支払う利息をシミュレーションしてみた
アイフルから金利18.0%でお金を借りた場合、どれくらい利息がかかるのか気になりますよね。

実際の利息は毎月の返済額と返済期間によっても変わってくるのですが、目安となる金額をシミュレーションしてみました。

借入額 返済額 返済回数・期間 返済総額 利息の合計
10万円 4,000円 32回・2年8か月 125,771円 25,771円
20万円 8,000円 32回・2年8か月 251,562円 51,562円
30万円 11,000円 36回・3年 386,965円 86,965円
40万円 11,000円 53回・4年5か月 578,326円 178,326円
50万円 13,000円 58回・4年10か月 745,035円 245,035円

※シミュレーション結果は実際の返済額とは異なることがあります。
※「約定日制」でシミュレーションしています。

例えばアイフルからの借入額が20万円で、毎月8,000円の返済をした場合、返済回数は32回(2年8か月)で返済総額は251,562円。支払う利息は51,562円になるわけですね。

返済シミュレーションをしておけば、借り入れ前から返済イメージができるので計画を立てやすくなります。

アイフル公式サイトで「毎月の返済額」「返済回数」「借入可能額」をシミュレーションすることができますので、ぜひ試しておきましょう。

遅延損害金(延滞金)の金利は20.0%です

返済が遅れてしまうと、延滞が解消するまで日ごとに20.0%の遅延損害金(延滞金)が発生してしまいます。

10万円借りて3日間延滞した場合は、元金と利息に加えて164円の遅延損害金を支払うことになります。

延滞期間が長引くほど遅延損害金が増えてしまい返済しにくくなります。延滞にはくれぐれも注意しましょう。

 

↑↑↑
30日間無利息・即日融資可能
24時間365申込可

 

アイフル「最大30日間無利息サービス」を徹底解説

アイフル「30日間無利息サービス」を徹底解説
アイフルには「最大30日間無利息サービス(はじめての方)」があり、これを活用することで支払う利息を抑えることができます。

でも、初めてカードローンを利用する人には、無利息サービスの使い方がイメージしにくいかもしれません。

無利息サービスの考え方は他の消費者金融でも同じですので、ここでバッチリ理解しておきましょう!

アイフル無利息サービスは「契約日の翌日から最大30日間」

アイフル30日間無利息サービスは、契約日の翌日から30日間が無利息になるというものです。

アイフルから金利18.0%で10万円を30日間借りた場合の利息は1,479円ですが、期間内に全額返済すればこの利息がまるごとカットされるわけです。

全額返済は難しくても、借入額のうち6万円を返済した場合この6万円には利息がつきません。無利息期間終了後は残り4万円に対してのみ利息が発生することになります。

無利息サービスはとてもお得な期間であることがわかりますね!

※無利息期間について:はじめての方が対象です。

アイフルの無利息期間内に繰り上げ返済しよう!

無利息期間内に返済した金額はすべて元金の返済に充てられるため、できるだけたくさん返済することで効率的に元金を減らすことができます。

アイフルは繰り上げ返済ができるので、無利息期間内は返済期日を待たずにどんどん返済することをおすすめします。

アイフルの繰り上げ返済方法と手数料は次の通りです。

▼アイフル繰り上げ返済の方法

返済方法 手数料
インターネット返済 無料
提携ATM返済 有料
口座振り込み返済 有料
スマホATM取引返済 有料

 

アイフルの「最大30日間無利息サービス」って何かの罠?注意点はある?

無利息サービスは消費者金融が自社の宣伝や新規顧客獲得のために企業努力で行っているサービスなので、罠でもなんでもなく、利用者にとってのリスクやデメリットはまったくありません。

逆に、無利息期間サービスを活用しないともったいないくらいです。

ただし、アイフルの無利息サービスには、利用上の注意点がありますので確認しておきましょう。

借りたお金が無利息になるわけではない

無利息サービスのよくある勘違いで、「契約日の翌日から30日間に借りたら、無利息になる」と思われていることがあります。

これは間違いです。

無利息サービスのメリットは、期間内に返済した元金には利息がつかないということなので、せっかくアイフルで無利息サービスで借りても期間内に1円も返済しなければお得はないのです。

無利息サービスを最大限活用するなら、できるだけ多い金額を期間内に返済することがとても大切です。

アイフルの無利息期間は「契約日の翌日から最大30日間」です(はじめての方)

アイフルの無利息期間は「契約日の翌日から30日間」です
アイフルの無利息期間は「契約日の翌日から最大30日間」になっています。

気をつけたいのは、お金を借りていても借りていなくても、契約日の翌日から自動的に無利息期間が始まってしまうところです。

よくある勘違いが「初回借入日の翌日から30日間と思っていた」というもの。

うっかりしてたら無利息期間が終わってた・・・ということにならないように、できる限り返済を行って下さい。

無利息期間中も返済は必要です

これも要注意事項です。

アイフルの無利息サービスは返済が不要な期間ではありませんので、無利息サービス期間内に返済日がきたら必ず最低返済額を返す必要があります。

「無利息サービス期間だから返済しないで良いはず」と勘違いしてしまって返済を忘れて延滞してしまうと、なんと貴重な無利息サービスがそこで終了となってしまうんです。

返済期日の翌日から元金と利息、さらに遅延損害金の返済も発生してしまいますので、返済は忘れないで下さいね。

 

↑↑↑
30日間無利息・即日融資可能
24時間365申込可

 

※無利息期間について:はじめての方が対象です。

金利を引き下げられる?アイフルに支払う利息を減らす方法

アイフルに初めて申し込みをする人や契約して間もない場合に金利を下げてほしいと相談しても、そう簡単に下げてもらうことはできません。

限度額100万円未満なら金利18.0%で融資しても良いことが法律で決まっていて、他の大手消費者金融も18.0%程度で融資を行っているため、アイフルが積極的に金利を下げる理由はないのです。

ただ、アイフルの金利を直接下げることは難しくても「支払う利息を抑える方法」はあります。

アイフルの「30日間無利息サービス」を活用して支払う利息を減らす

アイフルの30日間無利息サービスを活用して期間内にできるだけたくさん返済すれば支払う利息を抑えることができます。

金利18.0%で10万円借りて、毎月の最低返済額の4,000円のみで完済した場合は25,771円の利息が必要です。

しかし、無利息期間内に6万円返済して借入残高を4万円まで減らせた場合、残り4万円だけの利息を払えば良いので毎月4,000円の返済でも利息は3,604円まで落とすことができるんです。

アイフルの無利息期間サービスは利息を節約するためにとても有効な方法です。

できるだけ短期間でアイフルに返済して支払う利息を減らす

カードローンの利息は日ごとに増えていきます。

金利18.0%で10万円借りて、毎月4,000円のみで完済した場合は25,771円の利息が必要ですが、繰り上げ返済を頑張って借入期間を短くできれば、アイフルへ支払う利息を減らすことができるんです。

▼借入額10万円(金利18.0%)返済額を増やした場合の返済シミュレーション

返済額 返済回数・期間 返済総額 利息の合計
4,000円 32回・2年8か月 125,771円 25,771円
5,000円 24回・2年 119,429円 19,429円
6,000円 20回・1年8か月 115,666円 15,666円
7,000円 17回・1年5か月 113,168円 13,168円
8,000円 14回・1年2か月 111,383円 11,383円
9,000円 13回・1年1か月 110,059円 10,059円
10,000円 11回・11か月 109,018円 9,018円

 

無利息サービスを活用することと、できるだけ繰り上げ返済をするという2つは、どのカードローンを利用した場合でも利息を下げるためのとても効果的な方法です。

「増額審査」を受けて限度額を上げて金利を引き下げる

アイフルの「増額審査」を受けて限度額を上げて金利を引き下げる
限度額が100万円を超えたら金利は必ず15.0%以下になるので、金利を下げるために限度額を上げてもらう方法もあります。

限度額を上げてもらいたい場合は、アイフルの「増額審査」を受けましょう。

増額希望であることをアイフルに伝えると審査が行われます。この増額審査に通過したら限度額を上げてもらうことができるのです。

限度額が100万円を超えたら金利は必ず15.0%以下になりますよ。

増額審査に通過する方法は?

増額審査は、初回審査よりもハードルが上がります。

すでに融資枠を持っている人(借金をしている人)に新たな借り入れ枠を付与するわけなので、甘い審査にはならないのです。

増額審査に通過するために気を付けることは以下の通りです。

延滞歴がないこと

増額審査では、必ずアイフルの借入額、返済歴、延滞歴をチェックされます。

延滞があることが発覚すると、アイフルの増額審査に通過することはできません。限度額いっぱいまでお金を借り続けている人もかなり厳しくなるでしょう。

アイフルに限度額を少しでも上げてもらいたい場合は、適度にお金を借りるようにして、延滞だけは絶対に避けましょう。

他社借り入れが増えていないこと

アイフルの増額審査では他社の借入内容もチェックされます。

ここで、他社返済の延滞が発覚したり、借入件数と借入金額が増えていることも不利になってしまいます。

他社の返済もうまくいっていなかったり借り入れが増えていると、よほどお金が必要な状況で返済能力に心配ありと判断されるので増額してもらうことができません。

総量規制をオーバーしていないこと

総量規制は貸金業法による規制で、個人が貸金業者から借りられる金額を年収の3分の1以下にするものです。

総量規制をオーバーすると、お金を貸した貸金業者がペナルティを受けることになるので、どの消費者金融も年収の3分の1を超える金額を融資することはありません。

たとえば年収300万円の人が、アイフルから40万円借りていて、SMBCモビットからも30万円借りているとします。この状態でアイフルの増額審査を受けた場合は、30万円まで増額してもらえる可能性があります。

しかし、アイフルから40万円、SMBCモビットから60万円借りている人がアイフル増額審査を受けても、すでに総量規制いっぱいなので増額してもらうことはできません。

逆に、返済に不安がある場合は、限度額を下げられる可能性もありますので、借りすぎにはくれぐれも注意です。

「ファーストプレミアム・カードローン」は金利が低い

アイフルの「ファーストプレミアム・カードローン」は金利が低い
アイフル「ファーストプレミアム・カードローン」は、アイフルを初めて利用する人だけが申し込みできる貴重なカードローンです。

金利(実質年率) 3.0%~9.5%
無利息サービス 契約日の翌日から30日間
申込条件 アイフルを初めて利用する満23歳~59歳で一定の年収がある方
審査のスピード 最短18分融資※
即日融資はできる? 可能※
WEB完結申し込み 可能
返済方式 借入後残高スライド元利定額リボルビング返済方式
返済回数・期間 101回・9年6か月
遅延損害金 20.0%
担保・保証人 不要
必要書類 ・本人確認書類
・収入証明書類

<最短18分審査・最短18分融資について>
※申込み時間や審査により希望に添えない場合があります。(状況によって翌日以降になる場合あり)

 

アイフル「ファーストプレミアム・カードローン」の上限金利は9.5%なので、アイフル「キャッシングローン」よりも8.5%も低金利です。

限度額は最低額が100万円なので、審査に通過できれば高額融資が可能となっています。

「ファーストプレミアム・カードローン」はキャッシングローンよりも低金利でプレミアムなカードローンなのです。

ただ、スペックが高い分だけ、アイフルの審査も厳しくなります。

まず年齢制限が「満23歳~59歳」となっていて、キャッシングローンの「満20歳~69歳」と比較すると申し込みできる年代の幅が狭くなっています。

また、限度額が100万円以上になりますので、前年度の年収が最低でも300万円は必要になります。

アイフルの審査では「最低100万円を余裕持って支払える返済能力」を求められることになりますので、他社借り入れがあったり勤続年数が短すぎると通過は難しいでしょう。

「ファーストプレミアム・カードローン」は、返済能力に自信がある人に向いているカードローンにと言えます。

「おまとめMAX」「かりかえMAX」の金利も低い

すでに他社から借りているお金をアイフルで借り換えたい人には「おまとめMAX」「かりかえMAX」がおすすめできます。

▼アイフル「おまとめMAX・かりかえMAX」商品概要

金利(実質年率) 3.0%~17.5%
無利息サービス なし
申込条件 ・満20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する方で当社基準を満たす方
・「おまとめMAX」はアイフルを利用中・利用したことがある方
・「かりかえMAX」はアイフルを初めて利用する方
WEB完結申し込み 可能
返済方式 元利定額返済方式
返済回数・期間 120回・最長10年
遅延損害金 20.0%
担保・保証人 不要
必要書類 ・本人確認書類
・収入証明書類
※他社借り入れ条件等を確認する書類が必要になることもあります。

 
アイフルの「おまとめMAX・かりかえMAX」は、おまとめローンです。

複数のカードローンで借りているお金をアイフルで借り換えて一本化することで、完済しやすくするための返済専用商品になります。

「おまとめMAX」はアイフルを利用している人と利用したことがある人向け、「かりかえMAX」はアイフルを初めて利用する人向けになっています。

「おまとめMAX・かりかえMAX」の上限金利は17.5%ですので、消費者金融から18.0%で借りているお金を借り換えるケースであれば金利を下げることができます。

また、消費者金融4社から30万円ずつを金利18.0%で借りているような場合、「おまとめMAX・かりかえMAX」で合計120万円を借り換えれば、金利は必ず15.0%以下になりますので、この場合も金利を下げることができますね。

おまとめローンは返済専用ローンになるので利用できる人は限られているのですが、金利を下げやすいローンでもあります。

アイフルの「金利」は下げにくいけど「支払う利息」は下げられる!

30日間無利息サービスや繰り上げ返済でアイフルに支払う利息を減らす
初めてアイフルに申し込む場合、金利を18.0%から大きく下げることは正直難しいでしょう。

ただし、

・30日間無利息サービス期間中にできるだけ返済すること
・繰り上げ返済を行なって借入期間を短くすること

この2つを実践すれば、アイフルへ支払う利息は少なくすることができます。

また、延滞せずに返済を続けて、増額審査を受けて限度額が100万円を超えれば金利は15.0%以下に引き下がります。

最初から少しでも低金利なカードローンで借りたければ、「ファーストプレミアム・カードローン」の審査を受けるか、上限金利17.8%のプロミスで借りるという方法もあります。

 

↑↑↑
30日間無利息・即日融資可能
24時間365申込可

 


     

PAGETOP