レイクの即日融資タイムリミットは?即日振込・ATM即日キャッシングのポイント

PR

レイクの即日融資タイムリミットは?即日振込・ATM即日キャッシングのポイント
レイクはインターネットからの申し込みなら最短25分融資が可能となっています。

即日融資で借りやすい消費者金融なのですが、審査ができる時間帯は決まっていますし、自動契約機の営業時間も決まっていますので、レイクから急ぎで借りたいときはタイムリミットを知っておくことは大切です。

ここでは、レイクから即日融資で借りる際のタイムリミットや、平日・土日の即日振込、ATMからの即日キャッシング、即日で借りる為のおすすめの方法や注意ポイントなどを解説していきます。


もくじ

レイク即日融資のタイムリミットは何時?

レイク即日融資のタイムリミットは何時?
さっそくですが、まずはレイクから即日融資で借りるためのタイムリミットです。

レイクの審査可能な時間は9:00~21:00(日曜日は18:00まで)となっていて、21時までに契約手続きが完了したら最短即日融資で借りることができます。

審査時間はとても早く最短25分で融資可能ですが、審査状況によっては1時間以上かかることもあります。即日融資で借りるならギリギリに申し込むのではなく、なるべく早い時間に申し込みを済ませておくようにしましょう。

 

 

レイクの申込方法・契約方法・借入方法

即日融資で借りるには、まずは申し込みをして審査を受けて、審査に通過したら契約手続きを行います。

レイクの申し込み方法・契約方法・借入方法は以下のようになっています。

【レイクの申し込み方法】
・インターネット、スマホ
・電話
・自動契約機

【レイクの契約方法】
・Web契約
・自動契約機

【レイクの借り入れ方法】
・口座振り込み
・ATM

どの方法を利用しても即日融資で借りることはできるのですが、なるべくスムーズに申し込みをしていますぐにお金を借りたいという希望であれば、インターネット・スマホで申し込みをしてWeb契約をする流れをおすすめします。

最短で借りる!レイク即日融資の申し込み方法

最短で借りる!レイク即日融資の申し込み方法
レイクから即日融資で借りる最短の流れを申し込み方法別に解説します。

インターネット・スマホで即日融資

インターネット・スマホによる申し込みなら、Webだけで申し込み・契約手続き・借り入れの全ての手続きができます。

▼インターネット申し込みの方法

1.インターネット・スマホから申し込み手続き
21時まで(日曜日は18時まで)に契約手続きを済ませるために、早めに申し込むようにしましょう。

2.審査・審査結果のお知らせ
審査が行われます。
レイクの審査は仮審査と本審査があり、インターネット申し込みなら仮審査結果は最短15秒で画面に表示されます。
審査結果を確認できる時間帯は8:10~21:50(第3日曜のみ8:10~19:00)となります。

本審査では本人確認書類の確認が行われますので必要書類を提出しましょう。
審査結果はメールでのお知らせになります。

3.契約手続き
審査結果のお知らせメールに契約手続きの案内がありますので、確認して手続きを行いましょう。
契約方法は「Web(カード郵送なし)」「Web(カード郵送あり)」「自動契約機」から選択できます。

【Web(カード郵送なし)で契約】
「Web(カード郵送なし)」での契約であれば、画面の案内に従って手続きを行うだけですぐに契約が完了します。
インターネットで契約できるので自動契約機に出かける必要はありません。
ローンカードの発行はなく、借り入れ方法は口座振込またはスマホATM取引になります。

【Web(カード郵送あり)で契約】
Web(カード郵送あり)で契約をすると、契約手続きはインターネットでできますが、ローンカードが後日自宅に郵送されてくることになります。
封筒を見ただけではレイクのローンカードとはわからないように梱包されて送られてきますが、自宅に郵送があると困る場合は「Web(カード郵送あり)」は避けるようにしましょう。

【自動契約機で契約】
自動契約機に行って契約手続きを行う方法です。
最寄りの自動契約機に足を運ぶ手間はかかりますが、その場で契約手続きができて、ローンカードも発行できますので、自宅への郵送物を避けることができます。

インターネット申し込みなら「60日間無利息」を選べる!

レイクのインターネット申し込みなら「60日間無利息」を選べる
レイクを初めて利用する人は「借入額全額を60日間無利息」または「借入額のうち5万円を180日間無利息」のどちらかを選ぶことができます。

⇒レイクの金利と60日間・180日間無利息(金利0円)カードローンについて

ただし、「借入額全額を60日間無利息」はインターネット申し込み限定のサービスとなり、他の方法で申し込んだ場合は「借入額のうち5万円を180日間無利息」または「30日間無利息」になってしまいます。

「借入額全額を60日間無利息」を選びたい場合は必ずインターネットから申し込みをしてください。自分にとってどちらの無利息サービスがお得になるのかは、レイク公式サイトのシミュレーションで確認できます。

 

 

電話で即日融資

電話申し込みは、レイクのオペレーターに相談しながら申し込みをしたい人におすすめの方法です。

ただし、質問される審査項目に全て口頭で答える必要がありますので時間がかかりますし、途中で調べないとわからないことも出てくるかもしれません。
時間に余裕を持って電話をするようにしましょう。

▼電話申し込みの方法

1.レイクのコールセンター「0120-09-09-09」に電話をかけて申し込み手続き
審査に必要な項目を聞かれますので回答してください。

2.審査結果のお知らせ
審査は最初に仮審査が行われますが、仮審査の結果はその場ですぐに回答があります(後ほどかけ直しとなる場合もあります)
仮審査に通過したら本審査に進みます。

3.契約手続き
【Web(カード郵送なし)で契約】
電話で申し込みをした場合でも、Web契約を選択することができます。
「契約方法はWeb(カード郵送なし)」での契約であれば、画面の案内に従って手続きを行うだけですぐに契約ができます。
ローンカードの発行はありませんので、契約後すぐに口座振込やスマホATM取引でお金を借りることができます。

【Web(カード郵送あり)で契約】
Web(カード郵送あり)で契約をすると、契約手続きはインターネットでできますが、ローンカードが後日自宅に郵送されてくることになります。
自宅に郵送があると困る場合は「Web(カード郵送あり)」契約は避けるようにしましょう。

【自動契約機で契約】
自動契約機に行って契約手続きを行う方法です。
最寄りの自動契約機に足を運ぶ手間はかかりますが、その場で契約手続きとローンカード発行ができますので、自宅への郵送物を避けることができます。

自動契約機で即日融資

レイクの自動契約機に直接行って申し込みをする方法です。最短30分でローンカードを発行することができます。

レイクの自動契約機は予約ができないので、先客がいたら待ちが発生するというデメリットもありますが、タイミングが良ければ申し込みからローンカード発行までの流れがスムーズに進みます。

レイクの自動契約機の営業時間は「9:00~21:00(日曜日のみ19:00まで)」となります。

▼自動契約機の申し込み方法

1.自動契約機に行って、タッチパネル画面の「はじめてのお申込み ご契約手続き」を選択して必要項目を入力
※本人確認書類を持参して行きましょう。忘れてしまうと申し込み手続きができません。

2.本人確認書類の提出
本人確認書類をレイクの自動契約機にセットします。

3.審査
レイクの審査が行われますので自動契約機内で待ちましょう。

4.契約手続きとローンカード発行
レイクの審査に通過したらその場で契約手続きを行います。契約内容確認書が発行されるので、確認したらタッチパネルの「確認」ボタンを押します。
レイクのローンカードが発行されるので受け取りましょう。

レイクの即日融資!おすすめの申し込み方法と契約方法はどれ?

時間帯を気にせずにいつでも申し込みできる方法としておすすめできるのは、やはりインターネット申し込みです。

パソコン・スマホで自分の都合の良い時間帯にいつでも申し込みができますし、「借入額全額を60日間無利息」を選べるメリットも大きいですよ。

インターネットで申し込みをして審査に通過したら、「Web(カード郵送なし)」で契約をすればすぐに契約手続きも完了しますし、ローンカードを郵送で受け取ったり自動契約機に受け取りに行く手間もかかりません。

「インターネットで申し込みをして、「Web(カード郵送なし)」で契約をする」という流れが、最も即日融資で借りやすいおすすめの方法となります。

 

 

レイクの在籍確認について

レイクの在籍確認について
以前はどの大手消費者金融でも、電話による在籍確認が行われるのが普通でした。

在籍確認は申込者が申告した勤務先に実際に勤めていることを確認するための審査で、電話による在籍確認では審査担当者が「山田と申しますが○○さんはいらっしゃいますか?」と勤務先に電話をかけて在籍を確認していました。

しかし、現在はプライバシー保護や在宅ワークが増えたことによって、在籍確認のとり方も変わってきていて、大手消費者金融では勤務先に電話をかけることは原則なくなりました。

レイクも原則として電話による在籍確認は行なっていません。

ですので、「土日など勤務先の営業時間外で在籍確認が取れないので即日融資ができない」というケースはほとんどなくなりました。

審査によってどうしても電話在籍確認が必要となった場合でも、レイクの名称を使うことはなく個人名でかけてもらえますし、場合によっては書類在籍確認に変更してもらうことも可能です。

 

 

レイクの即日融資で借りやすい方法は口座振込?ATM?

レイクの即日融資で借りやすい方法は口座振込?ATM?
レイクの審査に通過して契約手続きも完了したら、あとは即日でお金を借りるだけです。

レイクの借入方法は、大きく分けると口座振込とATMがあります。

レイクの口座振込で即日融資

レイクの口座振込は自分が使っている金融機関にレイクからお金を振り込んでもらう借り方です。

特に「Web(カード郵送なし)」で契約をした場合はローンカードの発行がないので、口座から即日振込で借りる方法が便利でしょう。

初めてレイクに申し込みをした場合でも、21時(日曜日は18時)までに契約手続きが完了していれば、ほとんどの金融機関で即日振込が可能です。

ただし、金融機関によっては土日は21時までしか振込できないこともありますので、お使いの金融機関の振り込み可能な時間帯を確認しておくようにしましょう。

口座振込で借りられる金融機関と時間帯はレイク公式サイトの「お振込時間拡大金融機関一覧」で確認できます。

現金を即日で借りたいときには、口座振込ではなくレイクの提携ATMから借りることを検討してください。

レイクの提携ATMで即日融資

レイクの提携ATMによる借り入れ方法には、

・スマホATM取引
・提携ATM

があります。

どのATMでも即日融資で借りることができるのですが注意点もありますので、詳しく解説します。

スマホATM取引で即日融資

スマホATM取引は、スマホを使ってカードレスでセブン銀行ATMを操作できるサービスです。

スマホATM取引の利用にはローンカードは使わないので発行する必要もありません。

「Web(カード郵送なし)」 で契約をした人でも契約後すぐにセブン銀行ATMからお金を借りることができます。

▼スマホATM取引の利用方法
1.レイクのスマホアプリをダウンロードしてログインしておきます。
2.画面の「借りる」をタップします。返済時には「返す」をタップします。
3.画面の案内に従って「スマホATM取引」を選択します。
4.バーコードリーダーが起動しますので、スマホはこのままにしておきます。
5.セブン銀行ATMのトップ画面から「引出し・預入れ クレジット取引など」を選択して「スマートフォン」を選択します。
6.ATM画面にQRコードが表示されるので、スマホで起動させておいたバーコードリーダーで読み取ります。
7.スマホに4桁の企業番号が表示されます。
8.企業番号をATM入力画面に入力して、「確認」ボタンを押します。
このあとは通常のATM操作と同じです。借りたい金額を入力すると現金が出てきます。
スマホATM取引の利用時間

▼セブン銀行ATMの利用時間と手数料

曜日 利用時間 手数料
月曜 5:00~23:50 1万円以下の取引:110円
1万円超の取引:220円
火曜・水曜 0:15~23:50
木曜 1:30~23:50
金曜・土曜・日曜 0:15~23:50

※第3日曜日のみ0:15~20:00
※一部店舗によって営業時間が異なることがあります。
 

スマホATM取引ならローンカードの発行は不要ですし、セブン銀行ATMは深夜まで利用できますので、ATMから即日融資で借りたい場合に非常に便利な方法です。

スマホATM取引の利用手数料はいくら?

セブン銀行ATMは提携ATMになりますので、スマホATM取引で借りるときも提携ATM利用の手数料がかかります。

手数料は1万円以下の借入・返済なら110円、1万円超なら220円になります。

レイクの提携ATMで即日融資

レイクの提携ATMは主にこちらになります。

▼レイクの提携ATM
・セブン銀行
・ローソン銀行
・Enet
・イオン銀行
・三井住友銀行
・東京スター銀行
・西日本シティ銀行
・三十三銀行
・福岡銀行(借入のみ)
・十八親和銀行(借入のみ)
・熊本銀行(借入のみ)
・広島銀行(借入のみ)

セブン銀行ATM以外の提携ATMの利用にはレイクのローンカードが必要になりますので、利用したい場合は発行しておくようにしましょう。

提携ATMの利用手数料は1万円以下の借入・返済なら110円、1万円超なら220円になります。

営業時間は金融機関によって異なりますので、最寄りの提携ATMの営業時間を確認しておくことをおすすめします。

 

 

レイクから即日融資で借りるためのポイント

レイクから即日融資で借りるためのポイント
レイクはスピード融資に力を入れていますので、即日融資で借りるのはそう難しいことではありません。

ただし、カードローンには必ず審査がありますので、審査に通過しなければ借りられませんし、申し込み内容や書類に不備があると即日融資ができないこともあります。

なるべく早く借りられるように、申し込みのときに気をつけることを確認しておきましょう。

時間に余裕を持ってレイクに申し込むこと

即日融資で借りるには「21時までに申し込みをする」ではなく「21時までに契約手続きを済ませる」ことが必須となります。

21時までに契約手続きが完了しなければ即日融資で借りることはできないので、21時ギリギリの申し込みでは遅いことになります。

インターネット申し込みの場合は、レイクなら最短25分で融資してもらえるのですが、これはあくまでも最短のケースです。

夜間は審査申し込み件数が多くなりますし、審査状況によっては確認事項も増えてきます。

急いでいる時ほど時間に余裕を持って早めに申し込みをしましょう。

申込内容に不備がないようにする

レイクから即日融資してもらうために急ぎたい気持ちはわかりますが、申し込み内容には間違いないようにしましょう。

不備があると、レイクから電話がかかってきて確認が行われることになり審査に時間がかかります。

また、ついうっかりミスをしてしまっただけでも、「この人は審査に通過するために虚偽の申告をしたのでは?」と不審に思われてしまう可能性もあります。

間違いや不備はダメージになりますので、丁寧に確認してミスをなくしましょう。

審査項目に回答できるようにしておく(電話申込の場合)

電話申し込みでは審査に必要な項目を口頭で回答することになりますので、聞かれたことに答えられなければレイクは審査を進めることができません。

以下の項目はインターネット申し込みの際に入力が必要になる項目ですので、電話申し込みでも必要となる可能性が高いです。

不明点はあらかじめ調べておいて、スムーズに答えられるようにしておくことをおすすめします。

【ご本人情報】
・氏名
・性別
・独身・既婚
・生年月日
・電話番号
・ご自宅電話番号の有無

【ご自宅について】
・ご住所
・居住形態
・居住年月
・家賃・住宅ローンの月額
・ご本人を除く居住人数

【お勤め先について】
・雇用形態
・お勤め先名
・業種
・職種
・お勤め先の電話番号
・従業員数
・保険証の書類
・勤続年月
・月収
・年収

【他社借り入れ状況について】
・他社借り入れ総額

【その他】
・運転免許証交付の有無
など

借入希望額は少なめにしておく

借入希望額は自分で設定することができるのですが、高すぎる金額はおすすめしません。

個人が消費者金融から借りられる金額は年収の3分の1以下と決まっています。年収450万円の人なら150万円までということですね。

かといって150万円を希望するのはやめておきましょう。

カードローンの審査は申し込み者が希望する金額を融資できるかどうかの審査になりますので、希望額が上がれば上がるほど審査ハードルも上がります。

借入希望額が30万円の場合と、150万円の場合では難易度が変わってくるのは当然なのです。

また、レイクでは限度額が50万円を超える場合と、他社借入額とレイクの限度額の合計が100万円を超える場合には収入証明書類の提出も必要になります。

本人確認書類の審査に加えて収入証明書類の審査も行われることを考えると、審査もより慎重になることが予想されます。

レイクから即日融資で借りることを優先するなら、借入希望額は少ない方が良いでしょう。

レイクに提出する必要書類を揃えておく

即日融資のためにレイクに提出する必要書類を揃えておく
レイクの必要書類は「本人確認書類」と「収入証明書類」があります。

本人確認書類

▼本人確認書類
・運転免許証(表・裏)
・健康保険証(表・裏)
・パスポート(写真・住所記載部分)
・マイナンバーカード(表面のみ)
・在留カード・特別永住者証明書

本人確認書類は有効期限内の運転免許証があれば優先してレイクに提出します。

交付を受けていない場合はその他の書類でも大丈夫ですが、以下に該当する場合は「現住所が記載された公共料金の領収書(ガス、電気、固定電話(NTT)、NHK)」、または「公的機関発行の書類(住民票の写し、印鑑登録証明書、水道使用料のお知らせ)」を本人確認書類とあわせて用意する必要があります。(いずれも発行から6ヶ月以内のもの)

・本人確認書類の住所が現在お住まいの住所と異なる場合
・自動契約機で契約をする際に健康保険証を用意する場合
・Web契約(郵送あり)での契約時に、本人確認書類を2点用意できない場合

収入証明書類

▼収入証明書
・源泉徴収票
・給与明細書
・住民税決定通知書/納税通知書
・確定申告書
・所得(課税)証明書

収入証明書類は必須書類ではありません。

レイクの限度額が50万円を超える場合と、他社借入額とレイク限度額の合計が100万円を超える場合に提出を求められますので、すぐに用意できない場合は希望限度額を低く設定しておきましょう。

レイク「お借入れ診断」を活用する

即日融資のためにレイク「お借入れ診断」を活用する
レイクに申込をしても審査に通過できないのであれば審査結果を待っている時間が無駄になってしまいますよね。

もし、収入が少ない、転職したばかり、他社から借り入れが多いなど審査通過が不安な状況なら、申込を行う前にレイクの「お借入れ診断」を試してみましょう。

レイクの「お借り入れ診断」では「年代・年収・職業・他社借入金額」を入力するだけで借り入れ可能かどうかを判断してくれます。

あくまでも簡易診断になりますが審査通過できるかどうかの目安になります。

もし借入不可となってしまった場合は、審査が緩い他のカードローンやブラック対応の中小消費者金融を検討した方が良いでしょう。

レイクの即日融資に関するQ&A

土日や祝日でも即日融資はできる?

レイクなら曜日に関係なく、即日融資が可能です。

レイクでは、土日や祝日でも平日と同じように審査を行ってくれるため、曜日を気にせず申し込むことができますし、もちろん融資を受けることもできます。

ただし日曜日の場合は、即日振込が可能となるタイムリミットや、自動契約機の営業時間も短縮されてしまいます。

より早い段階での申込が必要になるので注意しましょう。

<タイムリミット>
即日振込の場合:日曜日は18時まで(通常は21時まで)に契約手続き完了
自動契約機の営業時間:日曜日は19時まで(通常は21時まで)

また、土日や祝日の場合、金融機関によっては振込受付時間が短縮されていたり、メンテナンス等で振込手続きができない場合もあるため、即日振込を受ける場合は振込先の金融機関の営業時間も確認しておくことが大切です。

初回だけではなくレイクの会員になってからも即日振込できる?

レイクと初めて契約した場合、その日のうちに振り込んでもらえる「即日振込」が可能ですが、もちろん会員になった後も、会員ページへログインして「即日振込」の依頼をすると、その日のうちに必要なお金を振り込んでもらうことができます。

ただし、振込受付時間が決められているので、その時間内に即日振込の依頼を行いましょう。

Webから申し込み後に電話したほうがいい?

「Web申し込み後、電話をした方が審査が早い」といううわさがあったので、レイクに電話で確認したところ次のような回答をいただきました。

「お電話いただくことで審査が早くなるということはありません。しかし、申し込み後お電話いただければ仮審査の結果をお伝えすることができますし、契約に必要な書類についてもご案内できます。また、場合によって優先的に審査を進められることもあります」

「絶対に電話したほうがいい」というわけではありませんでしたが、電話をかけることで優先的に審査を進めてもらえることもあるそうなので、可能であれば電話してみてもいいかもしれませんね。

また、レイクにWebから申込んで自動契約機へ移動して契約を行う場合は、先に電話をかけて必要書類を確認しておいた方が安全でしょう。

レイクから即日融資で借りる方法のまとめ

レイクから即日融資で借りる方法のまとめ
【おすすめの申し込み方法はインターネット】
即日融資におすすめの申し込み方法は、最短25分で融資可能なインターネット申し込みです。21時まで(日曜日は18時まで)に契約手続きが完了すれば口座振込で借りることもできますし、スマホATM取引でセブン銀行ATMからカードレスで借りることも可能です。

無利息サービスで「借入金全額を60日間無利息」を選びたい場合は、必ずインターネット申し込みを選んで下さい。

【自動契約機からの申し込みは最短30分】
レイクの自動契約機からの申し込みもとてもスピーディで、ローンカード発行までの時間は最短30分になります。営業時間は21時(日曜日は19時)までになります。
21時(日曜日は19時)までにローンカードを発行しておけば提携ATMから即日融資で借りられます。

【電話申し込みは時間がかかる】
電話申し込みは、レイクのオペレーターに確認したいことがあるときや相談したいときには便利な申し込み方法ですが、審査申し込みには時間がかかってしまいます。即日融資を希望する方は時間に余裕を持って、可能な限り早めに電話をかけるようにしましょう。

借入方法は振込融資とATMがあります。

21時までに契約手続きが完了しておけば、多くの金融機関で口座振込で借りることができます。振込融資の手数料は無料です。

ただし確実に現金を借りたい場合は、ATM(スマホATM取引・提携ATM)をおすすめします。

▼セブン銀行ATMの利用時間と手数料

曜日 利用時間 手数料
月曜 5:00~23:50 1万円以下の取引:110円
1万円超の取引:220円
火曜・水曜 0:15~23:50
木曜 1:30~23:50
金曜・土曜・日曜 0:15~23:50

※第3日曜日のみ0:15~20:00
※一部店舗によって営業時間が異なることがあります。
 

セブン銀行ATMはスマホATM取引が利用できますので、ローンカードを発行しなくても借りられます。

その他の提携ATMはローンカードが必要になりますので発行しておくようにしましょう。

提携ATMの利用手数料(セブン銀行ATMを含む)は、1万円以下の取引で110円、1万円超なら220円になります。

【即日融資で借りるために気をつけること】
・時間に余裕を持って申し込むこと
・申込内容に不備がないようにする
・審査項目に回答できるようにしておく(電話申込の場合)
・借入希望額は少なめにしておく
・必要書類を揃えておく
・「お借入れ診断」を活用する

 

 


 
 
表はスライドしてご覧いただけます
大手
1位
2位
3位
4位
5位
実質年率 4.5%~17.8%
※大手で1番低金利
3.0%~18.0% 3.0%~18.0% 3.0%~18.0% 4.5%~18.0%
審査時間 最短3分※1
業界TOPレベル
最短18分※1 最短20分※1 最短30分※1 Webで最短15秒※1
融資時間 最短3分※1
業界TOPレベル
最短18分※1 最短20分※1 最短60分※1 Webで最短25分※1
無利息期間 最長30日間※3 最長30日間※3 最長30日間※3 なし 最長180日間※3
職場への電話連絡 ”原則”ナシ 原則ナシ
電話を避けたい方
はココ
”原則”ナシ※2 ”原則”ナシ ”原則”ナシ
郵便物なしに設定
WEB完結
カードレス取引
コンビニATMの利用
詳細

※1.申込の曜日、時間帯によって希望に添えない場合あり(翌日以降の取り扱いになる場合があり)
※2.原則、在籍確認なし ※原則、電話での確認はせず書面や申告内容での確認を実施
※3.各社無利息期間は、はじめての方が対象です。

 
     

PAGETOP